ヘルニアって痛みの原因じゃないみたいよ

こんにちは。
三重県伊勢市 腰痛専門 整体院
整体院EN(えん)の中垣卓也です。

個人写真

 

 

椎間板ヘルニアについての知らない人が多い事実をお伝えしますね。

 

やはり腰痛の定番と言ったら「椎間板ヘルニア」ですよね。

(wikipediaより参照)

ヘルニアを発症するとMRIで撮影してみるとこんな風にうつります。

 

好発部位は「L4/5」「L5/S1」とされています。

つまり「腰椎の4番目と5番目の間」「腰椎の5番目と仙骨の間」に起こりやすいということです。

 

画像ではL5/S1ですね。

画像をみると、どう考えても非常に痛そうに見えますね。

 

 

 

 

でもよく考えてみると、これって本当に痛みの原因なんでしょうか?

なんてこと、疑いもなく考えたこともない方が多いでしょうが、実は研究発表がされています。

 

またその研究成果に対し、腰痛学会におけるノーベル賞のような「volvo賞」というものを受賞しました。

かなり驚きの結果が出たということです。

 

 

結論から言うと

「腰痛のない76%の人に椎間板ヘルニアが認められました」

その研究発表はこれです → ヘルニアの研究報告

1995年に国際腰痛学会で発表された研究(Boos N.et al:Spine.1995)です。

 

 

 

ざっと、研究の内容をお伝えすると

腰痛を訴える人46名と腰痛のない人46名に対してMRI撮影しました。

撮影したMRI画像を2名の神経放射線医が椎間板の状態を検証しました。

また事前に心理社会的側面についてのアンケートも行い、どちらのグループも年齢・性別・職業などは同じ条件として実施されました。

 

結果として

腰痛のない人の76%に椎間板ヘルニアが発見されました。

腰痛のない人の85%に椎間板変性が発見されました。

screnshot-iloveimg-converted-iloveimg-resized

発見されたヘルニアのタイプなどは、腰痛のあるグループと腰痛のないグループとの間では差がありませんでした。

 

 

あなたの腰痛の原因は、ヘルニアではない可能性があるわけなんです。

 

 

実際に当院においても、

「ヘルニアと言われて…手術を勧められました…」とMRI画像を持ってきてくれる方もいらっしゃいます。

しかし、そのままその場で腰痛が軽減して帰っていただくケースが非常に多いです。

 

 

それはなぜか?

単純にヘルニアが腰痛の原因ではなく、違う原因があるからなんですよね^^

ヘルニアが原因なら、その場で腰痛軽減しないですよね。

 

 

 

ただし!!

こんな方はすぐに病院へ行ってください!

・足を触った感覚がない、かなり悪い。→感覚マヒ

・足に力が入らない、動かしにくい。→運動マヒ

・おしっこや便が我慢できない。勝手に出てくる。→排尿・排便障害

 

腰痛の原因ではないということですが、上記のような麻痺症状が出ている方は注意です。

 

 

 

本気で腰痛を改善したいと思っているあなたの力になれると思います。
すでに自分で改善方法を見つけ、楽しい生活を送られている方々の声はホームページで公開しています。

 

 

 

本気で改善させたいと思っているあなたからのご連絡をお待ちしています♪

 

 

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

過去のブログの目次です。よければ一度ご覧になってください。

↓↓↓↓

公式ブログ一覧

lineの登録方法